FC2ブログ

リンク

プロフィール

MARINE PROJECT

Author:MARINE PROJECT
タイのプーケットにある5Star IDC Dive Center
MarineProjectの公式Blogです。

プーケット海情報・シミランクルーズ・
体験ダイビングからインストラクター養成コースまで…
幅広いネタを毎日更新中!

ブログランキング挑戦中!!
一日一回 ボタンをクリックお願いします~!!
 にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

現在の位置

マリプロ プーケット店
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ --年--月 --日 (--)
  ├ カテゴリー
  |  └ スポンサー広告
  └ スポンサーサイト
マリプロ プーケット店
 トップページ
  ├ 月別アーカイブ
  |  └ 2010年06月 13日 (日)
  ├ カテゴリー
  |  └ 未分類
  └ エンリッチドエア In IDC

カテゴリー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンリッチドエア In IDC

人気はあるけれど…
日本では結構高いし、なかなか使うチャンスのない魔法のエア?
エンリッチドエア編
ブログランキング参加中~
皆様のクリックが順位として反映れます
応援のためワンポチお願いしま~す
 155155155155
にほんブログ村 <br />マリンスポーツブログ <br />ダイビングへ

IDCのプログラムと同時開催してますエンリッチドエア・スペシャルティコース

え? コース受講中に他のコースを同時に受けれるのか?…って?
はい、出来ますよ♪

エンリッチドエア(ナイトロックス)がそのいい例です。
エンリッチドエアは水中スキルがなく、座学とタンクの中の
酸素混合比さえ知って、計画を立てれば
水中ではスキルはありません。

なので、殆どのコースと同時開催できるんですね。
時間がない方には、吉報ですよね。

で…今回のIDC参加のアリちゃんもこのコースにチャレンジしてます!

本日はIDC海洋ダイブなので、エンリッチドエアタンクを
使って、ダイビングです。

エンリッチドエア
これが、酸素アナライザーと呼ばれる
気体の中の酸素融合量を調べるための機械です。

エンリッチドエア
ほら・・・今現在の空気中の酸素は21%と表示されてますね

エンリッチドエア
そこで、エンリッチドエアタンクのバルブを少々開いて
エアを出します

エンリッチドエア
そこに、アナライザーのセンサー部分を近づけて。。。

エンリッチドエア
こら! よそ見しなくていいから!

エンリッチドエア
アナライザーの表示数値がどんどん上がってきます!
このタンクに入っているエンリッチドエアの酸素融合量は33%!

ちなみに。。。通常のエアタンクでしたなら、
トレーニングレベルや経験知によりますが
スクーバの最大深度は40mなんですね。

ところがエンリッチドエア33%を使うと、酸素中毒の可能性が高まるので
最大深度は32.4mとなってしまいます。
でも、魅力的なのが。。。
例えば24mの深度では減圧不要限界が
なんと41分
なんです! 

一方で通常のエアタンク(21%酸素)で潜った場合24mでは24分しか
居られません。
エンリッチドエア

と、言う風にエンリッチドエアは使い方さえ間違えなければ、
ある一定の深度に長く居られるメリットがあるんです!

カメラ派ダイバーさんにとって、じっくりと水底のハゼを狙いたいときには
エンリッチドエアが活躍しますね♪

本日はこれまで。。。IDCトレーニングの1ページでした♪


皆様のワンクリックがブログ上でマリプロを探しやすくしてくれます。
今ポチっと押してくださいませ♪
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 <br />マリンスポーツブログ <br />ダイビングへ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



スポンサーサイト

<< 役に立つロープワーク | ホーム | 飴と鞭 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。