リンク

プロフィール

MARINE PROJECT

Author:MARINE PROJECT
タイのプーケットにある5Star IDC Dive Center
MarineProjectの公式Blogです。

プーケット海情報・シミランクルーズ・
体験ダイビングからインストラクター養成コースまで…
幅広いネタを毎日更新中!

ブログランキング挑戦中!!
一日一回 ボタンをクリックお願いします~!!
 にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

現在の位置

マリプロ プーケット店
 トップページ
  └ 月別アーカイブ
        └ 2007年12月

カテゴリー

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブログ検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

ブロとも申請フォーム

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ2007年も残すところ・・・

先日、クリスマスクルーズチームが無事帰って参りましたが
続いて、昨夜年末年始クルーズチームが出発しました。

日頃のショップは、日本人スタッフ&タイ人スタッフ合わせて
2~4名といった感じですが、
ここ最近は、バンコクスタッフも全員プケ入りし
帰国前のお客様に、ご到着後のお客様
器材を買いに来られたお客様・・・と、ショップの中は大賑わい。

日頃の生活を抜け出して、大好きなダイビングで年越しするも良し!
仕事で疲れた体に休息を・・・寝正月するも良し!

今年も残り30時間余り・・・
やり残した事は有りませんか?

2007年、マリンプロジェクトを御利用頂きました皆様・
お世話になった皆様、有り難うございました。

2008年が素敵な年になります様に・・・352   
  

         にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ
スポンサーサイト

Merry Christmas!!

今日は12月25日
イエスキリストの誕生日。

我々もボート上で盛り上がってきました。
PC250003_resize.jpg

キャプテンもMerry Christmas!!
PC250011_resize.jpg

ボートクルーもスタッフも全員、赤色T-シャツで揃えてみました。
PC250012_resize.jpg

水中でお客様にプレゼントを渡し終え、ほっとしたサンタクロース。
PC250033_resize.jpg

常夏の国でもクリスマス楽しんでます。
次はお正月なにしようかな?

BY:KYO

クリック、クリック
    ↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

やっぱり!ラチャヤイ島!


どーも!
Tsuyoshiです。

年末年始、プーケット店に助っ人が登場!

    20071226203711.jpg 
 KEVINです!よろしくおねがいしまーす。

さてさて、
今日は海!ラチャヤイ島です。

この時期の海は・・・・ん~ミ・ド・リ・・・・

  20071226203344.jpg 20071226203400.jpg

  20071226203412.jpg 20071226203425.jpg 

  20071226203438.jpg 20071226203449.jpg 

  20071226203501.jpg 20071226203511.jpg

             20071226203546.jpg

しかし、「やっぱり!ラチャヤイ!」なにがでるか予測つきません。

なんだ!!!!!!

さー水中でのやり取りです。

高速回転で手招き!
Tsuyo「???!!!」「なんだっけ?」

  20071226203558.jpg  

Tsuyo「タツノイトコ?」

  20071226203611.jpg 

kevin 「タツノハトコ?」

  20071226203620.jpg   

Tsuyo「ミキさーんとりあえず写真取っといて!!」

  20071226203632.jpg

MIKIさん「バッテリーありませーん・・」

Tsuyo「ガーン!!」「KEVIN!写真!!」

  20071226203649.jpg

KEVIN「OK!」

  20071226203702.jpg


              これが、衝撃の生物!


  20071226203524.jpg  20071226203535.jpg

                 タツウミヤッコ

  はじめて見ました!

 たぶん一番喜んでるのはTsuyoshiとkevin


byTsuyoshi

ビックリついでにクリックお願いします。
   にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

メリークリスマス!

そうです、今日は子供も大人も大好きなクリスマス!
でも、どうしてだろう???
クリスマス本番より、クリスマス・イブの方が盛り上がるのは・・・?
ジャンクセイロンは早くも11月からツリーが並び、クリスマス一色でした。
昨日は、ジャンクセイロンのエントランスにサンタクロースや
ピエロも登場し、子供もカップルも並んで記念撮影。
それを羨ましく横目に見ていた私・・・。
でも、今日も未だクリスマスは終わった訳じゃないのに
サンタさんの影も無く、何と無く静まり返ってる気がします。

クリスマスだけじゃなく、イベントごとって
当日より、前日の方がドキドキ・ワクワクしませんか?
遠足の前の日、嬉しくて眠れずに
当日の朝、寝坊をしちゃった「サザエさん」のカツオ君みたいに。

皆さんはどんなクリスマスを過ごされましたか?
素敵なプレゼントは届きましたか?
昨日プレゼントをもらえなかった人・・・
きっとサンタさんは大忙しだったのでしょう?
今夜はあなたの所にも素敵な贈り物が届きます様に25


    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

東南アジア⇒プーケト⇒RAJYA YAI!!

12月22日、
RAJA YAI島へデイ・トリップ+スノーケル・ツアーに行ってきました。
波も風も無く海況が安定していたため、
最近ご無沙汰だった東側のポイントへ向かいました。
この時期、東風の影響で波が高くなり東側でのダイビングは難しいのです。
お客様はマレーシアから2名、タイの首都バンコクから2名の女性4名様です。

皆さん海外で生活してるからか、終始リラックスムードのご様子。
20071224193601.jpg

ダイビング後、ボートクルーとハイチーズ!!
「日焼けはマレーシアで慣れてますから!」
20071224193655.jpg

バンコクからお越しのお二人。
「こっちに来る仕事を作ってまたプーケットでダイビングしたーい!」
「お昼ごはん食べたら眠くなっちゃった・・」
20071224193628.jpg

皆さんどうもありがとうございました!!

最後に・・・・
常夏の国からメリークリスマス!!
20071224193531.jpg

BY: KYO

今日もクリックをお願いします
       ↓
  にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

今夜出港!AQUARTSⅡ!

今日は、12月23日!
そして明日は24日、次が25日と当たり前ですが
日は昇り、そして沈む・・・・

そんな日常の生活、皆さんは何処で過ごすのでしょうか!

ちょっと違った生活、過ごしては如何でしょう!

そうです!SIMILAN!

車の騒音、電話の音、まったくなし!

聞こえてくるのは、波の音と風の音、たまに野鳥のさえずり

そして皆の笑い声!

今夜出港した、AQUARTSⅡ

今回は、どんなドラマ・伝説が生まれるのか!

そして、サンタクロースのプレゼントは?

帰港するのは27日、CRUISE STAFFの報告をお楽しみに!!!!


by Tsuyoshi


今回は、お留守番です。次のクルーズは29日から!
             クリックお願いします。
               にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

キリマンジャロの雪

私、21年間ほど日本のクリスマス、年末年始を体験していません。


まあ21年間、冬を体験していないということです。 ただし雪は見たことがあります。


キリマンジャロの頂上で見た大氷河です。 サバンナの真ん中に聳え立つ、独立峰キリマンジャロは6000M近い標高があるにもかかわらず、高度な登山技術なしに登れる山です。


おそらく素人で登れる最高峰ではないかと思います。


ただし高山病にかからないという前提のもとですが・・・・ 登りに3日、下りに2日、計5日(4泊5日)かかります。


とにかくキリマンジャロのアプローチは長く、最後の山小屋まで2日半ほど、かかりました。


 そこで仮眠を取って午前2時頃、頂上を目指して最後の急登に挑むのです。ご来光を拝むためです。


午前2時に起きて高度6000M近い山を登るというのは、拷問に近いものがあります。


しかし頂上のウフルピークで見た大氷河は神様の存在を肯定できるような壮大な光景でした。


 ところで明日から4泊5日のシミランクルーズに出発します。


奇しくもキリマンジャロ登山と同じ4泊5日ですが、ダイビングクルーズの4泊5日は快適そのもの、楽して神様の作った壮大な光景を見ることができます。


 山か海か好みは分かれるところですが、ちょっと山が恋しくなってきている今日この頃です。




にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

続きを読む »

もういくつ寝ると・・・

ふと気が付くと、もうすぐクリスマス255
そしてその後には大晦日が・・・

初めて過ごす南国での12月のせいか、全く実感がわかず
NHKで紅白歌合戦の出場メンバーのお知らせを見て、
「もうそんな時期なんだぁ・・・」と、時間が経つ速さに
毎年驚かされる。

私は昨年の秋に、十数年働いていた日本の会社を退職し
去年のクリスマスから1ヶ月位の間、知人に頼まれて
長野県のペンションでバイトをしていた。
例年より雪が少なく、仕事の休憩中にスノーボードへ行っても
山肌が見えていて、思う存分滑る事も出来なかったけれど、
寒くて寒くてダルマの様に着込んでいたのを思い出した。

日本に居る頃は、サーフィンボードに乗ったサンタクロースも良いなぁ☆
年末年始、海外でゆっくり過ごしたい!と思ったものだが、
いざ日本を離れてみるとホワイトクリスマスって
なんてロマンチックなんだろう352
コタツに入り、おせちにお雑煮、新春初笑いなんて見ながら
過ごすお正月が恋しいなぁ457とか
思ってしまうものです。

とは言え、初のタイでのクリスマスにお正月
ビーチではイベントも有るみたいだし、少しワクワクしてきました。
   にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

異文化コミュニケーション

ショップにて。
 ファミリー4人組が大声でしゃべりながらやってきました。
 「hello--!!」 と僕。
 「trすぇhjちl・・!!」 と母国語でまくし立てる家族のボスであろう巨漢のマダム。
「sorry!?」
 「てgりkjgぢs・・!?」
 何言ってるか分からないけど、
とりあえずセール中のウエットスーツに 興味があるらしい。
 試着室にこもり何着も試しながら 大声でしゃべる
マダム&ミスター。
その間、あとの2人はエステ、レストランなどレジャーについて詳しく書かれた
プーケットの地図を楽しく観賞中。
 
体を使った会話で何とか理解しあい
 ご希望のウエットをゲット!!
 会計後、
 「どこの国から来たんですか?」と訊くと、
 「ロスィア!!カムチャッツカ!!」 と巻き舌で答えてくれました。
 「日本とは近いネ!!」 と僕が言うと、
 「いぇーす!!フレンド!!」 と言って、
ミスターがギュッと握手してくれました。
僕も力強く握り返しました。

BY: KYO

こいつをポチッとクリックお願いします。
     ↓
 にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

SIMILAN

どーも!
Tsuyoshiです。

今シーズンのSIMILANは昨年に比べて

超キレイ!この分だと今シーズン終わるまで
キレイではないかと予想されます!

マンタが出るPOINT『コ・ボン』ボン島では
今シーズン入ったばかりの頃は、キレイすぎて
えさになるプランクトンが少なかったせいか
余り見かけることが出来ませんでしたが
ここ最近になって、じょじょにその姿を現すようになって来ました!

そして、今日、あるダイビングshopのチャーターという事で
SIMILAN行ってきまーす。

ということで、相変わらず、出港前バタバタしております。

帰りは、21日パトンの港に17:30予定!
お出迎えお待ちしておりまーす!(笑)


by Tsuyoshi

              35223日からは!マリプロクリスマスクルーズ!352
   489サンタクロースは果たして、similanに登場するのか!?489
  残り席わずか!まだ間に合います!バンコク店・プーケット店急いで連絡を!


只今BOLGランキングに挑戦中!!クリックお願いします!
                                      にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ


プラチュアブキーリカン

先日、タイの「プラチュアブキーリカン」まで


行って来ました。


ここは、プーケットの北、タイの地図の一番細~くて


長~い所に位置します。


 


そこへ行った目的は他に有るのですが、


それはさておき・・・


時間が有ったので、少し観光をしてきました。


まず、ロングビーチ


日頃見ているパトンビーチより、遥かに長く美しい


ビーチチェアやパラソルが連なるパトンビーチも


楽しいけれど、ビーチボーイの話に耳を傾ける必要も無く、


観光客も殆ど居ない。


ゆっくりのんびり寛ぎたい、


じっくり考え事をしたい人には最適でしょう。


また、ビーチから眺める島々も絵になる。


(なんとなくクラビに似ている)


毎日ここで寝転がって、波の音を聞いていたい


そんな素敵なビーチでした。


 


そしてチョンガジョック


決して驚くほど大きい山では無いけれど


山の頂上にお寺が有り、山には沢山のお猿さんが居ました。


6時、まだ薄暗い中階段をテクテク登って、


朝日が昇るのを待ちました。


ビーチから見る景色も素敵だったけれど


山の頂上から見下ろす景色、そして朝日は格別でした。


 


そして、そしてもう一つ驚いたのが物価の安さ。


向こうで、知人と合流し食事をした時の事。


大人4人、子供2人で料理を注文しました。


色々お世話になったので、「ここは私が!」と


1500バーツ~2000バーツ位の支払いを


想像していたら、何とたったの500バーツ足らず。


私達はプーケットから、知人はバンコクから来ていたので


お互い余りの安さに驚きました。


 


私が始めてタイに来たのはプーケット。


機会が有れば、色んな所に足を延ばして居ますが


自然が沢山あって、静かで、海がきれい


食べ物も美味しくて・・・


ジャンクセイロンの様なショッピングビルは無いけれど、


こんな素敵な町で住めたら良いなぁと感じました。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

タイとケニアの道路の違い

先日チャロンに用事があって、タイに来て初めて車の運転をしました。

ケニアではこの15年というもの、仕事の関係で毎日運転をしていたのですが、プーケットに移住してきてからは全然、運転していませんでした。
する必要がなかったからです。

で、今回、試しにしてみました。
いやあ、タイの道路は運転しやすいですねえ。

第一道路が傾いていないし、穴が空いていないし、トレーラーが道を塞いでいないし、どの車にもちゃんとブレーキがあるし・・・・・

ケニアの道路にはでかい穴が突然あったり、大きな岩が道路の真ん中に置かれていたり、雨で道路が流されて赤土がむき出しになっていたりするのです。

シマウマが急に飛び出して来たり、あるいは蝶々が乱舞していて視界が真っ白になってしまったりといったこともありました。

それにケニアの道路では現地の人が手を挙げていても絶対、車を止めてはいけないのです。
待ち伏せされていて、カージャッカーされる恐れがあるからです。

夜などは赤信号でも、対向車がない場合には止まりません。
カージャッカーの恐れがあるからです。
まあ、信号のある交差点は首都ナイロビでもそんなに多くはありませんが。

それにヘッドライトのない車(点かないのではなくてない)や、ブレーキライトの点かない車、ブレーキの利かない車、ウィンドスクリーンのない車、ウィンカーのない車なんてザラです。

ただしプーケットで怖いのは、犬、猫の飛び出しと、バイクでしょうね。
海に近いせいか砂も多いので、急ブレーキには注意です。

タイの運転マナーは日本よりは悪いと思いますが、ケニアと較べるとまだマシだと思います。

やっぱり車の運転マナーにはその国の民度が現れるのですね。
年末年始、車の運転には気を付けてください。


にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

シンガポール人12人のOWC

先日シンガポール人12人のオープンウォーターダイバーコースがプーケット店で開催されました。

12人のOWCはマリプロ始まって以来の快挙でしょう!!
大変でしたが、充実した、後になっては楽しい3日間でした。
喜怒哀楽爆発の3日間でもありました。

学科はイントラ1人で担当し、プール実習、海洋実習はイントラX2+ダイブマスターX2のアシスタントをつけて実施しました。

海洋実習1,2はラチャヤイ島NO2,NO3ベイで。
海洋実習3.4はラチャノイ島バナナベイサウス、ノースで行いました。

そして海洋実習3,4の後、希望者9人にはラチャヤイ島ホームランリーフで初のファンダイブを実施しました。

タイマイ(ウミガメ)X2,コブシメX3、それにニモ(カクレクマノミ)や各種スズメダイの乱舞・・・・と海の中はオープンウォーターコースの終了を祝してくれるように大盛況でした。

プーケットへの帰路にはクジラが数頭現れるオマケまでつきました。
そのラッキーさに皆で船上でワインの乾杯!

パトンに帰ってからも乾杯は夜遅くまで続くのでした・・・・

We are waiting for all of you next year of Advance Open Water Course at SIMILAN.


20071215185852.jpg

20071215191016.jpg

20071215191724.jpg

20071216171820.jpg

20071216171901.jpg

20071216171934.jpg

20071216172003.jpg



にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

カルチャーショック

「男と女は違う生き物だ」と聞いた事は有りませんか?

例えば・・・
女性は電話をしながらテレビを見れるけど
男性には出来ない。
女性は運転をしながらでも、お喋りに夢中になれるが
男性は、助手席から話しかけられると
適当な返事を返す。
つまり、男性は二つ以上の事を同時に出来ないのである。

逆に、男性は地図を広げて行きたい所へ
車を走らせる事が容易であるが
女性は、自分が居る場所を基点に
地図をあっち、こっち方向転換させないと進めない。
男性は、彼女や奥さんが居ても浮気心が・・・
でも女性は、そうでは無い。
(最近では、女性も???)
つまり、男性は本能で動く生き物で
女性は理屈で動く生き物。

恋愛にしても男女は違う。
男性は最初の頃は彼女にプレゼントを贈ったり
色んな所へ連れてってくれる。
でも、次第に電話の数も減り、
彼女の誕生日でさえも忘れてしまう。
それは、「好き」という気持ちが薄れていったのか?
それとも、自分の手に入って安心しきっているのか?
逆に女性は・・・
付き合いだした当初より、気持ちはどんどん大きくなっていく。
(勿論、嫌いになる事も有るが・・・その時はサッサと別れる。)
そして、態度が変わっていく男性に対して不安を覚えるでしょう。
更には、相手の気持ちが信じられなくなって
別れを切り出す事もあるでしょう。
女性の話す言葉の裏に、隠された本当の意味を
男性は理解していない。
そして時には、男も女も互いに逃がした魚の大きさに
気付き、後悔する事も有る。

これはあくまで、日本人である私の僅かな経験と
身近な人からの情報を元に書き上げた例えであって、
確かでは無いし、決して誰かを批判している訳でもない。
ここでは男女の違いについて書いてみたが、
国によっても違いは沢山有る。

日本で生まれ育った私が、この国に足を踏み入れて
他人の気持ちを本当に理解する事の難しさを、改めて考えさせられた。


   にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

ドライブ?

今日は、お昼からチョットお仕事でKATA地区まで

マリプロのホワイトカー(トラック)に乗って

1人片道30分のドライブへ(遊びじゃないぞ!)

JUNGCEYLONの地下駐車場から、
イグニッションを回し出発!ゲートを越えてパトンを脱出!

パトンを抜けるとなだらかなワインディングが続く!

その道を、緩やかにタイヤを滑らせながら駆け抜けると

開けてきたのが傾斜から望むカロンビーチ!

潮風を思いっきり吸い込む

ビーチには、人々が寝転がり日光浴を楽しんでる様子!

仕事先へ到着して、1時間

来た道をまた戻る!

オフィスへ戻りパソコンへ向かう!・・・・

あ~たまには、仕事抜きでこんなドライブ1日中してみたい

そんな1日でした!


by Tsuyoshi


クリスマス!年末年始!ご予定は?マリプロへおまかせ!

       クリック!クリック!お願いします!
          にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

COMING SOON!

完成も間近!?AQUARTSⅣを視察してきました。

真剣なまなざしで工事責任者と話し込む我がオーナー、タイシロー(小さすぎかな、写真左)
すこ~し内装お見せします(写真右)。でも詳細はまだ秘密です。
PB280005_resize.jpgPB280010_resize.jpg


カメラに向かって万歳~!もうすぐだから皆さん待っててね~!(写真左)。
2Fの様子。AQUARTSⅡよりも一回り大きい!?(写真右)
PB280008_resize.jpgPB280011_resize.jpg

しかし、何でこんな鉄のかたまりが海に浮くのか不思議でなりませんでした。

BY:KYO

クリック、クリック
    ↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

夜のJANGCEYLON

どーも!
 Tsuyoshiです。

 さて、クリスマスまで残すところ2週間!

 パトンビーチの海岸沿いのお店は
着々と 色とりどりのイルミネーションが飾り付けられています。

 そして、JUNGCEYLONも!

 以前、ピンクのクマが準備されていましたが

その後どのように、飾り付けられたかというと!

 20071211190507.jpg 20071211185932.jpg

 こんな感じになってしまいました!

こんなクマさんが建物の中に、点々としています。

時間があったら、何体あるか数えてみたらどうですか?
(俺は数えませんけど。)


by Tsuyoshi

    
   クリスマスクルーズも残り席わずか!急いで申込みを!
        
     クリックもお願いね!
          にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

これも思い出のひとつ

私は日本に住んでいた頃、半年に一度の
 親友との海外旅行が楽しみでした。
ダイビングを始めたのも、オーストラリアでの
体験ダイビングがきっかけです。
 と、余談はこの位にして

実はこの友人はいつも旅行の度に
チョットした ハプニングに見舞われるのです。
それも、何故か手荷物に関係する事ばかり。

先ずはグアムへ行った帰りの話。
 無事関西空港へ着き、荷物が流れてくるのを待っていました。
すると友人のスーツケースの車輪?の部分が
破損しているではありませんか。
幸いにも保険に入っていたので、修理代は保障されたものの
家までの長い道のりを、スムーズに動かないスーツケースと共に
 彼女は帰って行く破目となったのです。

 またある時は、ベトナムへ行った時の事。
私達はお土産にバッチャン焼きのお皿やコーヒーカップ等を
 沢山買いました。
割れない様に、新聞紙やタオルにぐるぐるに巻いて
 スーツケースに詰め込みました。
楽しい旅を終え、無事関空に着き、重たいスーツケースを
エッコラ、エッコラと引きずりながら、
「はるか」(関空~京都間の特急列車)のホームへ移動を始めた
その時!「ガンガラガンガン・・・・・・ガン」
友人のスーツケースがエスカレーターの上方部から
一番下の ホームまで転がり落ちて行ったのです。
 一体何が起きたのか?
 目が点になった事を覚えています。
 お互いが家に到着した頃、彼女から一通のメールが届きました。
友人が買ったバッチャン焼きには言う間でも無く ヒビが入っていたそうです。

ダイビングのライセンスを取りにセブ島へ行った時の事。
今度は、入れた筈の水中カメラが無いと大騒ぎ。
 日本の家族にメールをして、部屋に置き忘れて無いか確認すれど
家にはカメラは見当たらず、一体何処へ消えたのか?
水中カメラよぉ。
結局、ホテルに売っていたカメラを買ってダイビングへ。
このOWCの海洋実習でジンベイに遭遇。
カメラの件もすっかり忘れる程、素敵な思い出を手に入れました。

あっ!カメラと言えばもう一つ思い出した。
これは、何処へ行った時だったでしょうか?
まだ、デジタルカメラを買う前の事です。
 私達は、27枚~36枚撮りのフィルムを
お互いに10本近く 使い切る程、いつも沢山の写真を撮っていました。
帰国日が近づいた日の事、彼女が撮影し終わったフィルムの内、
 数本が無くなっている事に気付きました。
 私達はバックの中、ベッドの下・・・と、
フィルムを大探ししました。
貴重な思い出の写真が無くなった事に、二人で肩を落としたのです。

そんな経験を幾度と繰り返し、まさかもう無いだろうと思っていた
 ニューカレドニア行きの朝の出来事です。
 京都駅で友人が来るのを待っていると、
大きなボストンバックと 紙袋を抱えながら、
一人の女性が私に近づいて来ました。
勿論、それは友人でした。
「なっ何でボストンバックなん!?」
 「聞いてぇ、スーツケース壊れてん・・・。
 朝、最終の荷物を詰めて閉めようと思ったら
鍵が壊れてスーツケース閉まらへんねん。」
「なんでやねーん!」思わず、ツッコミを入れたくなった一瞬です。
 取り合えず時間が無いので、話もそこそこにして 「はるか」に乗り込みました。
 飛行機の搭乗までに空港でスーツケースを買って
何とか準備完了。

そんな友人が先日、7ヶ月ぶりにプーケットまで会いに来てくれました。
数日間は事無く、久々の再会に羽を伸ばしてました。
 先日のシミランクルーズに友人も参加をしてくれたのですが
 このクルーズ期間中の荷物を、一時ホテルから移動させる時の事です。
スーツケースが開かないように、上から留めるバンド(名前が分かりません)を
外そうとしたら、バンドの鍵が壊れて外せなくなったそうです。
仕方なく、友人の男性に強引に鍵を抉じ開けてもらったとの事。
 因みに彼は、汗だくだったそうです。

 私達は旅先で、いつもとっても親切な人に出会い
想像以上に楽しい旅行を経験する事が出来ました。
でも、なぜか彼女はチョットした(本人にとっては重大?)ハプニングに
 悩まされるのです。

 とも有れ、今回のプーケットも友人は大満足してくれたみたいです。
 そして無事日本に着いた様で安心しました。

 友よ、本当に楽しい時間が過ごせました。
 有り難う☆
 今度は日本で会いましょう!
そしてまた、色んな国へ一緒に行けると良いね。
 その時は、ハプニングが無い事を願っています。

   にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

アフリカ話

またアフリカ話です。


ウンコマースの次はケープタウンに向かったのですが、列車の予約が取れなくて長距離夜行バスにしました。


今まで乗ったアフリカのどの国の長距離バスよりも乗り心地はよかったのですが、値段も高かったです・・・・・


ケープタウンは長距離バスターミナル及び鉄道の駅から安宿(バックパッカーズ)まで歩いていける距離だったので、助かりました。


ここで先ずしたことはモザンビークのビザを取ることでした。


イースター休みに入っていたのですが、奇跡的にその日は午前中だけモザンビークハイコミッションが開いていて、時間に追いまくられながらやっと特例で同日にビザを取ることができました。


しかし南アフリカのドミトリー中心のバックパッカーズ(安ゲストハウス)はヨーロッパ人の貧乏旅行者の溜まり場でした。治外法権らしく昼間から堂々と麻薬の類いをやっていました。


そういったヨーロッパ人の若者に混じって近隣諸国から来た出稼ぎと思われるアフリカ系の人たちもち泊まっていました。


ジョハネスバーグでタクシーを利用したときの運転手との会話


「景気はどう?」


「最近他のアフリカの国からの出稼ぎ人がたくさん来て、職が少なくなってきて困ってるよ。彼らは労働を安売りするからね。まだまだどんどん増えそうだ。我々の国なのに、後からよその国からやって来てうまい汁を吸うのは許せないね」


ニューヨークでも在来のアフリカ系の人たちと、最近移民してきたアフリカ系の人たちとの間に問題が起こっているそうですね。


ケープタウンでは屋根なしの2階建てバス(ロンドンバスを改造したもの)に乗り市内観光をし、テーブルマウンテンに登り(ケーブルカーで)、水族館に行き(インド洋と大西洋の魚が見れる)、電車に乗りちょっと遠出をして、野生のペンギンを見に行きました。


野生のペンギンは南極から渡ってきたもので、地元の人たちと共存しています。兼高かおるもここを訪れていて、また行きたい土地のひとつに挙げています。野生のペンギンも面白かったのですが、私はその近くの町にあった海軍記念館のほうに興味をもちました。


ここは太平洋戦争のときにヨーロッパとアジアを結ぶ拠点だったそうで、補給地としてかなり重要な位置を占めていたらしいのです。


ほんとうはケープタウンではケージダイビングをする予定だったのですが、海況が悪かったのと、水温が22度であること、20分ほどのダイビングでUS$100することなどから、止めました。


ケープタウンはきれいな町だったし、治安もよく一度も危険だと思ったことはありませんでした。


ただ近郊の電車に乗ったときに電車の車体にスプレーでそこらじゅうにいたずら書きがされていて、ちょっと違和感を感じました。


次回に続く



にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

SIMILAN!ついに!

どーも!
Tsuyoshiです。

今回も行ってきました!SimilanCruise!
前回のblogでは、報告まででしたが、

今日は、やっと写真の整理がつきましたので
ドド-とお見せしちゃいます!

    20071208140908.jpg 20071208141150.jpg

     まずは、SIMILANで見る日の出です!
          ちなみに日の出の時間は06:30くらい

    それでは、水中世界へ・・・・・

20071208143521.jpg 20071208143501.jpg 20071208143253.jpg

20071208143410.jpg 20071208143353.jpg 20071208143317.jpg 

  20071208140820.jpg  20071208141138.jpg       

  20071208141031.jpg  20071208141126.jpg   


  この島はSimilan No.8    ここで有名なのが『太郎』?さん
  20071208140853.jpg  20071208140748.jpg 


  20071208140929.jpg  20071208140920.jpg    
         ボン島では、キター!!マンタです  

   20071208141223.jpg   20071208143439.jpg 
     よく探すとこんなのも!         こんなのも?

    20071208143547.jpg    20071208140759.jpg 


           20071208141201.jpg

        ご参加いただきありがとうございました!
     帰港日の翌日12月5日は、タイ王様の誕生日です。

 次回の出港は12月23日!クリスマスクルーズです!
 若干、まだ空きがあります!急いでご連絡を!
 クリスマスの日、Similanにサンタが来るかも!

クリック・クリックお願いします。
           にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

親子

アパートの部屋の廊下に猫が住みついてます。

パパ猫、ママ猫、子猫3匹の全部で5匹です。
みんなキレイな茶トラ模様です。
彼らはいつも一緒に行動しています。
遊ぶ時も、ひょいと投げてやったロープをみんなで取り合い、奪い合い、
仕事から帰って廊下を通ると5匹みんなで寄り添って寝ています。
興味深いヤツラです。
観察すると、

パパ猫は勝手に台所の窓から、侵入して食べ物を物色するワルです。
ママ猫は食べ残りをあげるとまず子猫に食べさせる優しいママです。

子猫は ①いつもママのそばにいる超甘えん坊。②凄く怖がりで近づくとすぐ逃げるビビりん坊。
③人懐っこくて、何回拭いてやってもいつも鼻の周りが汚いやんちゃ坊主。

今朝もパパ猫が台所から侵入しようとしたので、デコぴんを喰らわせてやりました。
子猫ナンバー③がニャーニャーうるさいので朝作った卵焼きの残りをご飯にまぜてあげると、おいしそうに食べて、僕の膝の上で気持ちよさそうに寝てました。

仕事前のほっとするひと時でした。

きょうより

クリック、クリック♪
      ↓
  にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

クルーズ個人日誌

今回のクルーズに、日本から友達が参加してくれるという事で
特別にお許しを貰って、私もSIMILANへ行ってきました。
そして、このクルーズで友達と一緒にAOWまで
受けちゃう事にしました

万全の体制で挑むつもりが、事前の予習は全く出来ず
不安たっぷり389

私が'選択した科目はPPBボートドリフト
そして必須のディープナビゲーション

本当にこれでOKなのかしら361
全く自信は有りませんが・・・404
せっかくのSHIMILANを満喫しない訳にはいきません391

と、現れました237
416の目にマンタ405 405 405 
「近っ」
上からも下からも横からも思う存分
しっかり脳裏に焼き付けて来ました437

途中、船酔いに挫けそうになりながらも
クルーズ、AOW講習、久々の友達との憩いの時間・・・と
お腹いっぱいのSIMILAN CRUISEとなりました398


                            BY.mina

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

SIMILAN!

どーも!
Tsuyoshiです。

行ってきました!Similan Cruise
今回は、4泊です!

予定は、Similan諸島~リチリューロック
しかし!なんと今回海況がいまいち
強風の為、リチリュ-ロックは断念

ただし!前回、マンタさんには出会うことが出来ませんでしたが
今回は!登場です!
近日中に写真アップしますのでお楽しみに!

お待たせしました!前回のクルーズ
2007/NOV/21~NOV/24 similan cruise
の写真の一部公開です!

  20071205204733.jpg  20071205204715.jpg

  20071205204745.jpg  20071205204857.jpg

  20071205204906.jpg  20071205204944.jpg

  20071205205037.jpg  20071205205052.jpg  

      20071205204757.jpg   20071205204958.jpg  

  20071205204809.jpg  20071205204927.jpg

 20071205204820.jpg 20071205204847.jpg 20071205204831.jpg

  20071205205017.jpg  20071205205110.jpg

  20071205205207.jpg  20071205205239.jpg
 
   ご参加くださいまして、ありがとうございま~す。

これからもバンバンアップしていきますよ!

by TSUYOSHI


   クリック!クリック!お願いします!
    にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

またX5アフリカ話の続き

またX5アフリカ話の続きです。

ウンコマースでのダイビングはハードの一語に尽きました。
水温は24度前後、波もサージもありました。

ダイバーはイースター休暇で各地から集まった南アフリカの白人たち。
体のでかさとタフさでは舌を巻きました。
5MMのウェットスーツで私は寒さに震えていたのですが、南アフリカ人の中にはウェットなしで素肌で潜っている野蛮人もいました。

ダイビングの開始は、先ず砂浜から大きなディンギー(ゴムボート)を皆で引っ張っていって、ある程度の水深まで来ると飛び乗るのですが、そのタイミングが難しい。

またポイントまで30分足らずなのですが、波のある水面を飛ばしに飛ばすので、ボートから振り落とされそうになるのです。
ディンギーには舷側のほかに船底にもロープが張り渡してあって、そこに足を入れて固定するようになっているのですが、足を入れていなかったら振り落とされていたと思います。

波にボートが叩きつけられ、30分間は地獄のような時間でした。
腹筋や背筋の弱い人は腰を壊すこと必至です。
ダイビングを始める前にへばりました。

そしてダイビング自体ハードの一語に尽きました。
まさに体育会系ダイビング。
とにかくガンガン遠距離泳ぐのです。

しかもチームリーダーはでかいフロートを引いてダイビングをしているのです。
ちょっと持たせてもらったのですが、水深20Mでフロートを引いて泳ぐのは重労働でした。
あれは息があがりますよ。

1本目のダイビングが終わるとボート上で水面休息なのですが、波があるので船に弱い人は拷問でしょうね。
水面休息中に何をするかというと、棒つきの飴が配られて、皆、子供のように一心に飴をなめるのです。
ごつい南アフリカ白人が皆、言葉も交わさず一心に飴をなめている光景は、ほほえましくありました。
でもダイビング直後の飴はうまかったですね。

ウンコマースで見た魚。
マンタ、サカタザメ、ホワイトチップ、イソマグロ、ロウニンアジ・・・・・・
とにかくダイナミックでした。

サーディンランには約一月早いということで諦めましたが、話を聞くと凄まじいようです。
何キロにもわたって群れたイワシを追ってアジ系の魚が集まり、またそれを捕食するためにさらに大きい魚が群れを作り、海の中が騒然とするそうです。

ただし水温はさらに下がって22度前後になるようです。

先程5MMのウェットスーツで寒かったと書きましたが、南アフリカ白人の食いっぷりを見て、一計を立て、とにかく肉を食べるようにしました。
ビーフステーキやビーフシチューを作り食べたのです。
そうすると、かなり寒さの度合いが変わりましたね。

毎朝午前中2本潜って午後は休息というダイビング三昧の生活を1週間ほど、送りました。

この続きは次回に・・・・・・・・

にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

帰航!!

本日、シミランクルーズ隊が帰航します。
 今回はジンベエ、マンタなど大物が見られることで有名なリチュリー・ロック方面まで足を伸ばしています!!
 どんな出会いがあったのか?!

どんな感動があったのか!?
 
どんな笑いがあったのか!?

 アップをこうご期待!!!
 
クリック、クリック!
     ↓
にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

ブチ、ブチ

引越しをしました。
ボートマスターのGOLF一家に助けてもらいながら荷物を エッコラ、エッコラと車に乗せて新しい部屋にレッツ・ゴー
 5分足らずの道のりも気分は新小学1年生みたいに興奮です。
 テレビ♪ハイッ、鏡台♪ハイッ、洗面用具♪ハイッ
と隙のない流れ作業で一丸となり荷物を下ろしていると、
 新しいオーナーが太った身体を揺らめかせ部屋に入ってきました。
部屋には予め置いてある家具が何点かあります。その事についてオーナーが、
 「テレビはレンタルするのか?、食卓はレンタルするのか?」
といちいち訊いてきます。
 「今荷物を下ろしている最中だから、後で答えるよ。」
 その返答も無視して挙句には
「このコーヒーカップは使うのか、スプーンは何個レンタルするんだ?皿は何枚必要だ?」
と訊いてくる。
ブチブチブチ!!
「友達が今俺を助けてくれてるんだ!箸の必要な数も全部答えてやるから後にしてくれ!」
後にオーナーの部屋に行くと
「友達が来たとき用に箸は6本あったほうがいいんじゃないか?。」
 「・・・・。あるだけレンタルするよ。」

結構思いやりのある新オーナーです。

BY:KYO
クリック、クリックお願いします    
    ↓
 にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

またまたまたまたアフリカ話

またX4アフリカ話です。

南アフリカでダイビングするきっかけとなったのは、エアマラウィから出ていた格安チケットの広告を新聞で見たことによります。

ナイロビーリロングウェ(マラウィの首都)-ヨハネスバーグ往復30日間オープンチケットが398USドルで出ていたのです。
通常ヨハネスバーグまで500USドル以上するチケットが398ドルというのは非常に魅力的な価格でした。

またこの広告をみたときに頭に閃いたのは、マラウィ湖および南アフリカでのダイビングです。
マラウィ湖は世界有数の透明度のよい湖として知られていますし、南アフリカはサーディンラン(イワシの大群)、ケージダイビング(檻に入ってサメを見る)で世界的に知られているからです。

時期的には丁度4月のイースター(復活祭)に当たる頃でしたが、民芸品の仕事に関しては全然支障はなかったので、即決しました。

マラウィで1週間ストップオーバーしてマラウィ湖でダイビングし、次はヨハネスバーグまで飛んで長距離夜行バスでダーバンに向かいました。
ダーバンから車で30分くらいのところにウンコマースというダイビングポイントがあり、そこを目指したのです。

南アフリカには『ダイバー』というダイビング雑誌が発行されていて、ナイロビでそれを入手して
いたので、だいたいのポイント、ダイビングショップの所在は把握してあったのです。

ダーバンの少し先の街でバスを下ろされた私は(そこが終点だった)、そこからウンコマース行きのトランスポートを探したのですが、イースターのせいもありどこの店も閉まっていて、街全体はひっそりと静まり返っていました。

1軒だけなぜか家具屋がオープンしていて、店先に家具を並べてセールスをしていたので、そこで訊いてみると、もう少し経ったら家具を配達しに行くのでそれに便乗させてあげるという答えでした。

オランダ系白人がオーナーでしたが、合理的な親切心には感心しました。
南アフリカでは結構、地元の白人の人たちに親切にしてもらった思い出があります。

ウンコマースではショップのドミトリー(共同部屋)に泊まり、近くのスーパーマーケットで素材を買い、自炊しました。
南アフリカの物価は高いですからね。

同じドミトリーにはジンバブウェから来たというダイブマスタートレーニング生が泊まっていました。(ジンバブウェには海がないのに)

スーパーマーケットで柿に久しぶりに出会ったときには懐かしさでいっぱいになりました。
もう何年も見ていませんでしたから。

それでは今日はこの辺で
次回に続く・・・・・・・・・・・・ にほんブログ村 マリンスポーツブログ ダイビングへ

| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。